FC2ブログ
交通指導員の日記」
2008 / 06 / 27 ( Fri )
PA0_0027_20080627081422.jpg


校長は23日に・・・会いました。その日はいっせいに保護者も横断歩道に立っていました。
学校で交通供した先生に会いたいと思うのですが・・・どうして、横断の方法を変えたのか、どういう理由で、違う」横断の方法を行いなさいと子供たちに伝えたのか・・・

校長二、申し出ましたが、学校の交通指導の方法では、横断歩道をはみ出して渡るようになっているのだが・・・この、方法は、どうも危ないが、それを交通指導として全児童に市指導したと思うのに・・・
話し合いなど全く無い学校側・・・

市の交通指導も要請しない学校がけど・・・お互いに一人歩きをしているよう・・・何とか話し合いは出来ないものか・・・同じ、学校の交通安全のために・・・
スポンサーサイト



08 : 23 : 01 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
交通指導員の日記
2008 / 06 / 22 ( Sun )
子供たちに同じ言葉をかけているのに、
まっすぐ上に旗を手を上げて・・・といって、できる子供と、できない子供がいる・・・
厳しく言うと、登校拒否になるし・・・加減が・・・でもやるからにはきちんとやってもらいたい・・・

もう1箇所は、ボランティアでやっているが・・・保護者と二人で毎朝・・・その箇所は、保護者に合わせているが、子供が来たらすぐ旗を道路に向けて自動車を停める親もいる・・・子供に左右を見せないで、早く行くようにと薦める親もいる・・・
一応静観はしているが・・・
しっかりと左右を見さす指導と・・・子供が来たら子供優先で渡らせるのと・・・そのハザマにいる。
08 : 30 : 01 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
交通指導員
2008 / 06 / 20 ( Fri )
私が、4週間タイに行っている間、
学校で、交通指導があって。横に並んでいっせいに横断することを言われたらしく・・・
4週間後b復帰すると、替わっていて驚いた。
すぐ校長先生と掛け合って、元の方法に戻してはもらったが、指導をした先生は、出てこない。
混ぜ変えたのか、変えたほうがいいのか、その交通方法を指導した先生と話し合いたいのだが・・・私のところには来ない。

色々なことがあって、指導員会議で言うと「学校から嫌われている」といわれました。
先生が私が指導しているところに出てこないのは、そういうことかと・・・

私も学校からいじめられているようなきがする。
08 : 31 : 14 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
タイ1から5
2008 / 06 / 15 ( Sun )
1
4月21日
 朝7時ごろに、息子の運転で飛行場まで行く。息子は月曜日だったが、仕事を休んで送ってくれた。今年は大きな仕事も終わってゆっくりしているところらしい…6月6日に次男夫婦が来るときも、出来れば迎えに行くといっていた。空港からタクシーは15,000くらいだから…助かる…忙しいときは、何をしても忙しいが、しばらくは、何とか家庭のために何とかしてくれるらしい。
 9時40分に出発だが、ツアーがあるらしく、ほとんどの席がふさがっていた。先週主人が帰国したときは120人乗れる飛行機でも20人程度しか乗っていなかったと言っていたが…
 荷物は、私の荷物は30キロ…何とか二人で、少し減らし、手荷物に写し、何とか通過した。荷物のほとんどは食べ物…主人が1週間日本に滞在しても、色々なお菓子を持って帰ることになる。私にしても、最近はお菓子になったが…お土産を買って帰ることになる。 6週間もの間、仕事を休むのだから…仕方が無い事。
 荷物検査
 大体のものは、預けていたし、液体のものなどは手荷物に入ってなかったし、上着は脱がされ、トレーに入れて機械の中に…時計も手荷物の中に入れていたので、私は引っかからなかったが…主人が引っかかっていた。
小さな色々なものを入れていたカバンが引っかかっていたようで…中を調べられ、再び機械に入れてようやくOKだった。他の人はベルトが引っかかっていたなどと話をしている人がいた。
手荷物検査は、いつもヒヤヒヤする…以前も服でビーと鳴って、色々と調べられたが…ミュートの靴で、その中に金属が入っているのだろうといわれた。タイからの出国のときは、首飾りをしていても、機械は反応しなかったが…とにかく人騒がせな機械ではある。水も中に持って入られないが…飲み物のサービスは、しっかりあった。



空港
空港のレイアウトが、去年よりも変わっていました。お店が無くなったりしていたような…?
お店とロビーの壁が無くなり、待合室のように椅子が所々ありました。今まで椅子の会ったところは入国審査
平山さんの絵は健在でした。割とお客様は少ないほうではないかと思います。お店がつぶれて縮小されたようです。確かに、コーヒーショップはあったのですが、お客様も少ないほうではないかと思います。
国際線にしても便数が少ないので、国家公務員などは、飛行機が早く着いても8時からの仕事まで、飛行機の中で待つと言う事もあったそうです。ここの検査も、一応職員はついているようですが、便によっては、暇暇なのかも知れないな…と心配します。国家公務員は、別に、お客が多くいようがいまいが関係ないのですが…
問題は、民間のお店。だいぶ様子が変わっているのは、お客様が少ないから、変わってきたのかもしれません。
今まで、国際線には待つときの椅子が少なかったので、椅子が多くなったことは、歓迎です。ゆっくり座れるのはうれしい。
私たちの荷物は一番多かったのかもしれません。預ける荷物制限いっぱいにするため、少し荷物を手荷物にして、やり過ごしました。カスピ海のヨーグルトも、預ける荷物の中に入れて…パス…
飛行機の中
タイ行きの飛行機も4月まで週2回でしたが、4月から3便になって、飛行機も新しく?なっていました。以前はビジネスクラスとの壁もカーテンも無くオープンだったと思いますが、閉鎖されていました。前の方に、ビジネスクラスが3列…ひとりのお客に対して二人の接客係がついていました。
 客席はツアーがあったので満席状態でした。添乗員も二人だったようです。4月だから見習と指導員かしら?ゴールデンウィークの前の週なので、少し早めの安いツアーに多くの人が参加したのかもしれません。25日まで、安い料金…その後は、休日料金になるのですから…安く観光できることは、知っている人は賢く旅行を去れるのですね…
 主人と二人に、会社の人二人でしたが…私は前のほう…でした。トイレは、ビジネスクラスのほうが近いのです。エコノミーは後ろまで行かなければなりませんでしたが…色々と詰まっていたので1回ビジネスクラスに行かせてもらいました。

もって入れないもの
 とにかく、飲み物とか液体などもって入れなくなっています。どんなことをしてもテロの犯人はやろうと思えば、もって入る事が出来るのですが…
 厳しくなっています。従うしか方法はありませんし…閉鎖された飛行機の中で、テロに遭遇したら、テロをする人たちは自爆が目的でしょうが、一緒に乗っていた乗客は、割がありませんからね…テロの無い世界になって欲しいものですね。
没収されたもの
 偽ブランド品も展示されていました。外国は偽者も横行しています。チマタの安い店で買うと、にせものを買うことになります。ブランド品を安く買えたと思っていても…帰国のとき…没収されるようです。
 にせものと解って買っても、没収されるのかもしれませんし…なるべく良いものを安く買えば、それだけいいのですが…色々な問題も持っている、海外です。
 一応…
 この飛行機に乗りました。大きな飛行機か小さな飛行機かは私にはわかりませんが…ジェットが1個しかついていないし…そのジェットも、大きいものか、小さなものかは、私にはわかりませんが、この飛行機が先ほどタイから着いたばかりの飛行機で…お客が乗る前に、掃除とか、色々な食べ物を載せて準備しているところ…のようです。このトンネルの中を歩いて乗船?します。タラップなどを使わなくても、何とか乗れるのですが、緩やかな傾斜は仕方が無いのかもしれません。
満員
 乗るとき、後ろの方の座席の人から先に乗ることになっているようでした。ツアーの人は、添乗員の指示に従いつつ添乗員の人も、ひとり残らず安全に連れて行かねばならないので大変です。
 昔ツアーで行ったときは、現地のみのガイドが付いていました。今回のツアーは出発から、日本人の添乗員がついていました。そのまま、タイからアンコールワットとか色々な国にいかれるのでしょうか?タイの観光?
食べ物
 まず、飲み物とスナック。…その後10時ごろ昼食…タイのグリーンカレーで、野菜サラダとケーキでしたが、量は少なくなって、ロールパンにつけるのはバターだけジャムはカットされていました。降りる1時間前になっておにぎり。付いたのは1時前でした。時差で8時間乗ったような感じの飛行機です。

タイの空港
 タイ独特の番人が出口に立っています。この像を見ると、タイに来たな…と感じがします。
その後入国審査…まだ、誰もいないところがある程度で、入国する人の少ない事…昔は、多くの人が次々と並んで,奥のほうまで行って、少ないところに以降とはするのですが、しっかりと待たねばならなかったのです。時間としても1時ごろなので、そんなにすくない時間帯ともいえないようですが…
入国審査
私のほうはすぐ終わりましたが…主人のほうは、係官が私用の?電話で…なかなか始まりませんでした。
私の方は、早く終わったので、パネルを見る時間がありました。荷物の来るカウンターの番号も、表示が私にも解ったので、主人を裏側から待って…台車を見つけて待ちますが…
10番の荷物のカウンターでまってはいるのですが…なかなか荷物は来ません。カウンターが動き出すのを10分程度でしたが待たねばならなかったのです。荷物は上に出てきて押し出されて落下、カウンターに流れるようになっていますが、落差が高いので、係りの人が、衝撃を和らげていました。新しい空港でも、係官を配置しなければならないカウンターでした。便利なようで、あまり便利ではない最新の機械…以前の空港は横から荷物もランダムに出てきていました。係官もいなかったような…荷物が回りつつけているのを下ろす人がゆっくりと出てくる程度でしたが…新しくなって設備はいいのでしょうが…色々とありますね。日本の空港では荷物番号を照らし合わせて出国するのですが…自分の荷物を見つけてそのまま無審査…すぐ外に行く事が出来るなんて…それで、荷物が行方不明にならないものと感心します。
空港から街に
なんとか、荷物を受け取り、タクシーに乗ろうと外に出ると、主人の会社の人が、迎えにきていました。一緒に、私たちを先に下ろして、それから会社に行くといわれました。
タクシー代500バーツ(1500円)が浮きました。他の人はすぐ会社に出社したようです。主人は私がいるので、その日は休んで、アパートで過ごす事になっています。
アパートに
 去年と変わらない風景で、去年と同じような状態…主人と一緒だったので、顔パスで…
排水などが、つまり加減ですが…何とかゆっくりと時間をかけて、収まっていきます。


空港
 空港の人たち…国際線は私が見た限り、少ない?ようでしたが、それでも飛行場のタクシー乗り場は混雑していました。多くの飛行機が集中する国際空港なので人は多くいます。タクシーや自動車はひっきりなしに走っています。新しい空港になって、古い空港も使っているので、人は分散されているので、私には換算とした風景に見えるのかもしれません。
政変後
数年前にはじめてタイに来たときは、入国審査のときなど長蛇の列でした。そのときを考えると、すくないのかもしれません。政治の安定が何よりも、観光客を呼ぶのです。
政変があり、イスラム教徒の群政権になりましたが、去年の選挙で、タクシン派が勝利をしたので?今までと同じ、仏教の政府にはなっているのかもしれません。最近は、平和な状態になっているのだと思います。王宮とか寺院は多くの人が参拝や見学をしているのですから…観光で暮らしている人にとっては、平和がかきいれどき。平和あっての観光だと思います。
今は夏
 昼間は暑い日ざしです。40度近い温度になっているそうで…タイに住んでいる人は、異常気象といっていました。外の木々も暑さのため、あまり葉っぱも生気はありませんが…そのうちに雨が降り出すと、気温も少し下がりますが、なによりも、気にとっての唯一の生命の源…雨によって、ぐんぐん育っていくのです。


19 : 44 : 41 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |