FC2ブログ
交通指導員の日記
2008 / 07 / 10 ( Thu )
最近教師の不正採用が言われています。だから、子供を教育できない先生がいるのですね。
中学校の校外マラソンでも、集団で右を走っている子殿たちの後を自分は自動車で付いていく教師・・・
後ろに数台自動車がのろのろついていても、気にならず、何も言わない先生。
去年、いつも見ているので、先生に一言・・・「集団で走るときは、左を走らないと・・・」といっても、数日後も、右を走っていました。すると子供たちには言っているのですが・・・」と生徒の後ろの自動車から伴走している教師から・・・その後は、右を走っているようでしたが・・・今年、右を走っている生徒を見た。

陸上に入っていた息子は、クラブでは左を走っていたといっていたので・・・
どうも、色々なクラブが校外マラソンをしているらしい。
最近も数人の生徒が右を走っているのを見た。
道路で走るときは左を走ることを、全員に負いえていない中学の教育のようで・・・
常識を子供たちに伝えるのも教師の仕事ではないかと思うし・・・生徒の公道なども見ていない教師がいる現実に
わが町でも、採用の不正が・・・と思ってしまう。
スポンサーサイト



05 : 45 : 06 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
色々
2008 / 07 / 07 ( Mon )
ボランティアコーディネートにPA0_0055_20080707120605.jpg
なって、4年・・・色々ありましたが・・・
教育委員会から、市のほうに移管するとうわさされている生涯教育課の中にある。

コーディネートは全くの無料で十数人がメンバー・・
一人だけ、有給の専従がいるが・・・私はその人に嫌われている・・・
有能で、色々なことをこなす人だが・・・自分にとって都合の良い人にはにこやかに接する人・・・
私にだけは、何も言わない、何も頼まない、言う言葉はきんしばかり・・・
そのような人が教育委員会の有給の食にあると思いつつ・・・
週1回のコーディネートの日に参加している。

1時から4時までの全くの奉仕だが・・・最近は2時半で、部屋を出るようにしている。
ほかのメンバーとは、にこやかに気さくに話をしてても、
専従の人と二人なら「・・・」の時間。
私に言葉がけ釣ることは無い、コーヒーも自分だけ作って飲んでいる・・・完全なシカト・・・
部屋にいるのは無給なので、来る人も限られているが・・・

今週も行くことになる。暇だし、メンバーになっているし・・・無料だから私も参加できるのだが・・・有給の人選は、みんなに平均にあたる人を当ててほしいと思うのは私だけか・・・

誰でも付き合える人が、専従になるべきのような気もするが・・・
12 : 12 : 58 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
交通指導員の日記
2008 / 07 / 04 ( Fri )
中学校の郊外マラソン。

去年何十人の集団の校外早朝マラソンで、集団で右を走っていたので、伴走の車で後ろにいた教師に注意した。それから・・・左側通行をしていたが・・・

陸上部にいた息子に聞くと、陸上が走るときは左側を走っていたという。

そして今年、5月に・・4人の生徒が右を走っているのを見た。

中学校の交通指導は、子供全体に指導していないような・・・??
それぞれのクラブで、体力を強めるために個々にマラソンをしているようだが・・・公道を走るときは、左を走るように、子供たちに指導してもらいたいと思う。
集団で走るときは左側を走る事を徹底してほしい。

常識を知らないまま大人になっていく子供たちが存在するなんて・・・



06 : 12 : 30 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
交通指導員の日記
2008 / 07 / 04 ( Fri )
1日は保護者も横断歩道に出ていた。
はじめて登校路の担当の先生に、それぞれであった・・・
学校の交通指導をしたという教師は、私の前に現れない・・・なぜ、横断歩道をはみ出すような、指導をしたのか聴きたいが・・・

3日に、校長先生が、私が立っている橋の、所まで来て、挨拶が出来た・・・

学校の悩みは、7時半までに子供が早く来ることで、7時半から学校に入るように指導しているようだが・・・
学校が荒れていたときは、ぎりぎり担ってくる子供たちが多く・・・警察まがいの制服を着ている私の指導も聞けない子供たちだった・・・それから比べると・・・早く学校に行くことは、学校がすきdからと思うが・・・
昔は、宿直の教師がいて、いつ子供が着てもいいようになっていたのに・・・と思うが・・・世の中、学校から変ったと思う・・・

06 : 03 : 37 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |