FC2ブログ
色々
2010 / 01 / 31 ( Sun )
言葉
今日はボランティア交流会に参加する。ボランティアといっても、ジャンルは広いものである。
一口にボランティアの語源は自ら進んで志願するものらしいが、わが国では昔から使われていて、日本語として定着した。色々なところで、使われていて色々な意味が付加されてきて色々な意味が加わっている。結果、日本語としてのボランティアは、色々な意味を含んでいることになるので、複雑になっている。
そもそもだれが使い出したのかわからないが…こうして定着してしまうと、わかりにくいくらい意味が付加されている言葉の一つのようだ。
 無償のボランティア有償のボランティア、交通費くらいのみのボランティア…お金を取っていても有償のボランティアに分類されるものもあるのである。
スポンサーサイト
07 : 45 : 44 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
色々
2010 / 01 / 30 ( Sat )
1月
1月なのに夜の間中雨だった。朝は凍結も無く晴れた朝だったことは、朝家を出るときに良かったと思うときなのだが。
本来なら雪なのに雨だ・・・と思うと、最近特に温暖化が迫っているような感じがします。でも、いつも通りの寒さだったら、雪が夜の間、積もって道路が凍結しているのが、大変だと思うので、複雑ですね・・・
 わが地域は盆地なので、冬寒く夏寒い気候である。雪が降り積もった朝を冬の間、何回か迎える。
 1月というのに、夜、雨が降り続きそして朝は凍結していないなんて、今までの気候では、無かったことだと思います。
 おかげで、朝出かけるときは、凍結で、渋滞を味わうことが無いので、これもいいものだと思ったりして…
 そしていつも道路が凍結している所は、相変わらず雪の朝のようですが…
 そして暖かいところである、九州にも雪が降った時があるのには驚いた。
 今年の冬は大変な温度差のある冬だと思います。1月は終わりましたが。2月はどんな波乱があるのでしょう。
05 : 43 : 42 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
色々
2010 / 01 / 23 ( Sat )
健康で過ごす
 生きていれば誰でも、最後まで人のお世話にならない裁定の処理は出来て欲しいと願っている。
 一番良いのは、ぽっくりと行くのが一番、良いのかもしれないとおもうが、所詮人間は思い通りに行かないし、何も出来ない。どんな最後の運命がまっているか、知るよしもない。
 今出来る事は、健康で過ごす事だといつも思う。
 それには日々色々な健康法に耳を傾けて、自分が出来る範囲でやっていくしかない。と、いつも生命に関しては限界を感じてしまう。
 回りの人はヨガに行ったり整体に行ったり漢方をしたり努力している様子である。気功を習い始めた人もいる。そのパワーは凄いな…と感心してみているだけの私である。
 それぞれに健康に関して貪欲な人で、努力しているな…と感心しているが、そんな人を尻目に、私は何もしていない。
05 : 27 : 33 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
色々
2010 / 01 / 22 ( Fri )
 私が結婚したときは、田舎の小さな工場の平工員の妻という生活をつつましく庶民として過ごすだろうと思っていた。
 外国旅行なんて絶対行かない生活で良いと思っていたが、時代が過ぎると、なぜか外国で暮らすことが出来た。ほんのちょっぴりだけど、日本と外国との違いなどを知ることが出来たのは良かったと思っている。
 で、この生活が幸せかどうかは解らないが、それでも、あまり苦しみは無いので、一応幸せなのかもしれない。
 一応の苦しみはあるが、これは仕方が無いと思っている。色々な苦しみを持ちながらも、日常のものが事欠かない生活を送っているようだ。
 特別に欲しいブランドがあるわけでもなく、服も安物で良い。食べ物も何でも食べられるし、特に好きな食べ物は無いのだから、浪費は雑貨程度。
 我が家に雑貨が多いのは、衝動買いをするためで、そのようなものが出来るのは、生活に要らないものを買う余裕があるかの知れないと思ってしまう。
05 : 19 : 30 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
色々
2010 / 01 / 21 ( Thu )
すっきり生活
 ある友人は、転勤族ではあるが、すっきりした生活をしている。色々な物は無く、センスの良い生活をしているのがうらやましい。
 私が雑誌を取っているというと、捨てなさい。古い服が捨てられないというと、捨てるべき…と色々アドバイスしてくれるが…彼女を我が家に招待はしたくない。全て無駄といって捨てられて島供養で…
 私が思っても、いらないものがあるが、それでも、そのうち、何かに使うかもしれないと色々と考えてしまうので、捨てられない。だから、我が家はガラクタばかりになっている。
 人にとっては価値の無いガラクタでも、私にとっては色々な思い出になるものであるので…
どうしてもすっきり生活にはならない。本は、そのうちまた読むと思うし、布はそのうち使うことがあると思っている。
04 : 27 : 57 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
色々
2010 / 01 / 20 ( Wed )
昔の生活
 現代は昔の人の蓄積によって、昔よりも便利な生活が出来ています。
 昔はご飯を炊くのも、ご飯が焚けるまでかまどにいなければならなかったのに、スイッチポンで、自動で、おいしいご飯がいつでも食べられる。
 おこげなどは昔の話などで、わざわざおこげを作って食べる人も出てきているようです。
 私もおこげは好きです。そのおこげがなくなって久しい。焼きおむすびで、そのおこげを味わっているのが、現代生活なのでしょう。
 着物も、昔の人は、最後まで使っていたと聞きます。
 野菜にしても、庶民の口の中に入る野菜も種類が少なかったようです。最近は、色々な珍しい品種もつくられ、他の国の食べ物もたくさん入って来ています。
 昔は、輸入など無く、日本の中の資源で生きていかなければなりませんでした。狭い日本には生活する資源が少ない状態で、たりないものは輸入という現代は、贅沢な生活が出来ているようです。
 昔の貧しい生活をすることはなかなか出来なくようです。それでも、エコに感心を持つ人が出てくるようですね
05 : 48 : 27 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
色々
2010 / 01 / 19 ( Tue )
地震
 ハイチでは大変な地震に襲われた。国の中心地が激しい地震で崩壊しているので、世界型救援がいっているようだ。
 段差の亀裂が起こって隆起?陥没などになったとはニュースで言っていたが詳しいことはわからない…まだ調査中らしい。
 それでも、瓦礫の山の中から、何人が救出されるニュースが…地震があって何日もたって生きて発見された人のニュースは今までもあるが、それまでに何とか助け出されなかったのかと思いつつそれでも、助かってよかったと感謝しつつ、凄い強運の持ち主の人もいる感心する。奇跡だろう。
 今回の地震でもそのような奇跡があるのか、また、どのくらい起こるのだろうか?
 食べ物が無く、救援物資もなかなか必要な人の手には渡らないようだ。世界の人は、少しでも助かればと思って色々な物を送るが、本当に必要な人に与えられているのか不安である。それでも、送らないよりは、送ったほうが、届く率はあがるので送らなければ、多くの人が助かるようにと祈っている。
08 : 25 : 05 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
色々
2010 / 01 / 18 ( Mon )
雪の朝
 先週は寒い週で、朝は3日間雪が積もっていました。おっかなびっくり7時に家を出ます。1時間だけの時間で外での子供たちの交通指導ですが…指導の場所に行って、家に帰る距離としても2キロくらいなので、歩くには大変なのです。
 だから、スクーターで行きます。我地方は冬の間に数回くらいの積雪なので、スノータイヤなどはしていません。ノーマルなタイヤで雪の上を走らなければならないのですから…ヒヤヒヤしつつゆっくりと走ります。必死で走っているのに、自動車は追い抜いていくのですから…
 今年の冬はもう雪の朝ではないように祈っています。
20 : 19 : 47 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
色々
2010 / 01 / 17 ( Sun )
地震
今日は15年前阪神大災害が起こった日。その時間は、ニュースで、皆さんと一緒に黙祷することが出来た。
 地震の後、今は亡き父が、自分の住んでいたところが燃えていると、電話をかけてきた。
 話は時たま聞いていたが、幼少時代その地でそだったところだったらしい。
 父にしてみれば、戦災で焼けて、さらに何年か後、また大変なことになったところで、思いは強かったのかもしれない。
 地震はいつ起きるか解らない、地震を予知する方法や対策は今のところ無いので、起きたときにどうするかである。
 さらに数年後、我、地域にも大きな地震が来て、我が家の土台や、屋根が破損した。幸い修理だけですんではいるが、それでも、古い家は色々とぼろになっている。今度地震飽きたら…と不安になるが、これ以上何もないこと祈るだけ。
16 : 49 : 06 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
色々
2010 / 01 / 14 ( Thu )

 今は冬の真っ最中。各地で雪が降っている。暖かい九州でも突然の積雪になって、大変だとのニュースだった。大人は温暖化が気になるが、それでも暖かい冬は歓迎する。でも、子供たちは喜んでいる様子。
 雪が降った後には雪だるまがお決まりの風景になるのはうれしいが、雪を楽しむのは子供だけのようで現実には厳しい。
 我地域は、正月には、雪が降って、家の前にそのようなものが置いてあってほほえましかったが、今回も見ることができるかの知れない…私も雪の朝の中、雪の道路は本当におっかなびっくりでスクーターを走らせる。無事、登校する子供たちへの挨拶にいけた。
 朝の雪は、何も無ければ美しく、木などに雪が積もっているのは、素晴らしいと思うし、なぜか見とれてしまうが…
 仕事に行かなければならない人は大変である。雪のための事故は少なかったようなので、ホッとはしている。
08 : 12 : 25 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>