FC2ブログ
色々
2011 / 05 / 26 ( Thu )
色々

花は美しくいつも咲いているので、感心します。
友人の家に行くといつも忙しく何かがあるようです。回りの人はいろいろとあわただしくしていますが、私は、ゆっくりと時間を過ごしています。
そのうち、あわただしくなるかも知れませんが、それまで体を休めているようにしています。

スポンサーサイト



04 : 33 : 26 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
、色々
2011 / 05 / 23 ( Mon )
色々PA0_0051_20110523084520.jpg


タイの一番安いコーヒーは屋台のコーヒーです。15B40円程度です。スターバックスは100Bなので300円程度
なので日本と同じ程度で飲めます。
 露天のコーヒーにしても、そこのコーヒーにしてもわたしは余り変りは無いと思うのですが…人によってはおいしいとかおいしくないとか繁華をかんじている人もいます。
 細かいことは言わないで、しばしのゆったりとした味わいで良いと思うのですが、人によっては違うようです。
 本当においしいコーヒーを飲んだとしてもその満足は一瞬です。
 私は水分補給をして飲んでいるので、薄くても良いのです。
 飲む時は、アメリカンが一番胃ののためには良いようなのでたくさん飲む私は割と薄めの物を飲んでも気にはなりません。しかし時に深い味わいのものも飲みたいと思うのですが…
08 : 48 : 17 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
色々
2011 / 05 / 22 ( Sun )
色々

 
 タイでは時間があるので、熱くことに専念しました。そして毎朝1時間の公園でのストレッチ体操で、体をほぐす事が出来たのは幸いでした。
 日常ではない毎日を味わえたのもタイではの生活です。」
 主人は、平日は仕事、土曜日曜はゴルフと、合う時間は少ないものでしたが、その自由時間にいろいろなものが見る事が出来たのは幸いです。
私の歩行力では、と置くに歩き事はできませんが、一応色々な乗り物を駆使して、遠くに行く事が出来たのは幸いです。
 そしてバスの60番の黄色いバスに乗ってヤワラに行って中華街の色々な物を見る事が出来たのも良い経験でした。タイの人たちに感謝しています。
PA0_0035_20110522081456.jpg

清楚な睡蓮。あちこちに見る事が出来ます。都会ではこのような花が片隅に咲いています。
08 : 16 : 01 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
色々
2011 / 05 / 21 ( Sat )
色々PA0_0049_20110521170623.jpg



色々
17 : 06 : 36 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
色々
2011 / 05 / 21 ( Sat )
色々

コラワンというようです。土地の神様に土地を使わせてもらうことに感謝し、祖先に感謝するようです。良い習慣だと思います。日本のお地蔵様のような信仰が、タイ人の心の中にもあってそれが現れているようです。祠を通ると手を合わせて挨拶する人もいれば、ささげものをしている人も見かけます。
豪華なものから小さな家庭用のものから色々あるし、歩いているとどこそこに見つかるので見かけるとついカメラを向けてしまいます。コラワンを見るだけでも、タイにいるという感じです。
小さな家庭用のものは規格品のようで、それぞれの家の前に置くようになっています。
都会のビルは大きくコラワンもそれの応じた大きさなので、バンコクのビルのそばには大きなものがしかも色々な形で、それは見事なものもあります。
新しい祠は、ガラスで作ったものがあります。歩いていると、ガラスの祠が見つかります。以前建設中のところを通ると、ビルは完成しガラスの祠があるのを見て、最近の流行かもしれないと思います。
板ガラスの小さなものを重ねて形を作るもので、多く重なっているところは深いガラスの色がついて奥行きなどを感じさせます。そして中の神様が見えるところが、少し開放的で素晴らしいといるも思います。
何にしてもタイ人の心の中にはいつも仏様があるのを見る事が出来てホッとするのです。
最近の日本人には、見られない敬虔な日常を見ることで、信仰の自然な形などを見る事が出来て、忙しい日常を反省するときです。自分もそうしたいと思うのですが、日本に帰ると、そのような習慣も見ること無く、日常のあわただしい生活では忘れてしまいます。
私にとってタイで、神様に対する畏敬の念を感じる心の原点があるようです。本当はいつも思っていなければならない畏敬の念をタイで、思い出させられます。
日本に帰ると忘れるのは残念ですが、時に思い出させてもらう時間があるのは良いことだと思っています。
PA0_0057_20110521060234.jpg
06 : 02 : 46 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
いろい
2011 / 05 / 20 ( Fri )
続きを読む
05 : 26 : 35 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
色々
2011 / 05 / 19 ( Thu )
http://blogs.yahoo.co.jp/miyaoribara


PA0_0057_20110519061352.jpg



こちらを見てください。

http://blogs.yahoo.co.jp/miyaoribara
06 : 14 : 04 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
色々
2011 / 05 / 18 ( Wed )
PA0_0087_20110518054347.jpg


バンコクでカービング
 これは写真ですが、このようにスイカやメロンに彫刻を施すのがカービングです。
 市内には、色々な教室がありますが。私が言った教室はアパートから20分くらい歩いたところにある、一番近い教室です。教室によってデザインが変るようですが、基本的には、花のデザインのようです。
 たくさんの人が習いに来ていました。日本から短期集中的に習いに来る人もいます。多くの日本人がタイの芸術に触れようとしています。50回で終了ですが、その頃になると、何でも彫れるようになっていくのでしょう。
 日本人の奥様も滞在が長いほどタイ語が出来る人もいますが、私のように、全くタイ語を知らなくても、通訳をつけてくれるのです。その中で、日本人で通訳のアルバイトをする人もいます。他にも教室があってフリーペーパーで宣伝してはいますが、あまり機能してないところもあるようです。それだけ競争も激しいところなのかもしれません。
 通訳は数人のグループに一人はついています…教師に通訳にと至れりつくせりの対応なので、人気があるのかもしれません。どのグループも熱心で、先生の作るとおりの立派な作品を作り上げていました。
 はじめてで10回のコースでも、何とか出来るようになったのは、能力だけではないような気がします。
 先生にしても、1回に3種類の教材で教えるにしても、その講座の見本を3種類作らなければならないので、教えながら作品も作らなければらないので、大変な作業になっています。それでもがんばって教えていらっしゃいます。
 タイ人のs4遠征ですが、毎日日本人を教えていると、片言の日本語がわかるので、説明を聞いて実際に彫ってもらうとわかるようになります。そして、先生の言うことはそれなりにわかっても、私の手が言うことを利かないのは悔しいものですが、失敗しても、優しく直してもらえるのは、先生の忍耐力のような気がします。私も曲がりなりにも彫る事が出来て、作品が写真に取れるようになったのは、きれいに彫ることを実際に見る体sと思います。とにかく先生たちもそれを企画してくれた人にも感謝の講座でした。
05 : 44 : 07 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
色々
2011 / 05 / 16 ( Mon )
タイでコロッケを作る
パン粉はタイ人は使わないようです。屋台で売られているのでも素揚げか、小麦粉をまぶすくらいの料理しか見た事がありません。パン粉は売ってないのも当然かもしれません。
数日前一応カツでもつくろうとパン粉を探しに行きましたが、見当たらなくてあきらめた事があります。
今回はタイ語のできる友人と一緒だったので、通訳してもらいましたが、見つからず、意味もわからないようでした。タイのスーパーでパン粉…といってもわからないの葉仕方のないことと思ってあきらめようロしましたが、その人は、日本語が出来る人を呼んできてくれました。日本語の上手な人といってもタイ人で、「パン粉」といってもわからなかったようで、「ブレッド、スモール」などと、私の知っている英語の羅列…
そのうち「えび」というので、えびのフライはタイでもあるので、「そう」というと、えびの写真の入ったパン粉のところに連れて行ってくれました。食べ物の違いは、日本では当たり前の材料が無いということもタイならでの出来事なのでしょう。
その店で、パン粉と卵とミンチを買って、我が家に向かいました。
友人はタイに20年は住んでいるようで、タイ語は堪能でした。一応駐在員の奥様には、会社からタイ語のレッスン料は出るので、勉強をしている人は多いようです。私も長く滞在するなら一応習っても良いかな?などと思うのですが4週間だけなら、別に必要ない…と怠け者なので、どうしてもマスターしようという気にはなりませんでした。
  主人は、一応「最後なので、食べに行こうか」といってくれましたが、タイ料理を食べたくても主人は、毎日、昼は社員食堂で、タイ料理ばかり食べているので、タイ料理は飽き飽きしているようです。食べに行くとしても、なぜか日本料理屋に行くので、日本に帰る前の料理が日本料理はいやなので、作ることにしたのです。
  子供を育てているときはいつも大量に作っていました。一人暮らしのときは作るよりもと思い、お店でコロッケなどを買って食べるときもありました。主人にとっては、タイで食べられない料理だったのでしょう。ともかく最後の食事は私の手作りの特別食でした。

 どんな日本料理店でも、ジャガイモを使った肉コロッケはメニューには出てこないものです。貴重な庶民の味。ともかく、最後に手間隙をかけたものが出来上がりました。

おいしいかおいしくないかは解りません。それが私の手料理なのです。とにかく夕食作るためだけのタイ滞在は終わりました。

PA0_0007_20110516194435.jpg
19 : 44 : 53 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
色々
2011 / 05 / 16 ( Mon )
PA0_0121_20110516164811.jpg

とてもきれいな話せ、毎日割いては散っています。
16 : 48 : 39 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>